じゃあ俺が!と言わせたい…絶妙な「彼氏いないアピール」9パターン

気になる男性ができたら、まず「彼氏がいない」ことをアピールするのが恋愛のセオリーでしょう。事実を伝えるだけでなく、自分を意識してもらうきっかけにするには、どうすればよいのでしょうか。10代から20代の独身男性124名へのアンケートを参考に、「じゃあ俺が!と言わせたい…絶妙な『彼氏いないアピール』」をご紹介します。

  • 【1】「手伝うよ」と言いやすい「パソコンのセッティング、1人じゃできなくて…」

    「定番だけど、放っておけない気がしてしまう」(20代男性)というように、頼れる彼氏がいないことを匂わせると同時に、男性の庇護欲求をくすぐるフレーズです。家具の移動や車の整備など、「男手が欲しい場面」を設定すれば、アレンジも利きそうです。
  • 【2】誘ってほしいオーラが伝わる「週末はいつも掃除洗濯で終わっちゃう」

    「会う相手がいないってことでしょ。誘っても断られなさそう」(20代男性)というように、週末に予定がないことを強調すると、お誘いの可能性が広がりそうです。乱用すると物欲しげな印象になるので、好きな男性の前でだけ使いましょう。