見た目はタイプじゃない女性に「運命」を感じた理由9パターン

初対面での印象をもっとも左右するのはルックスですが、容姿が決してタイプではない女性と出会って、いきなり「運命」を感じた経験のある男性もいるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性167名に聞いたアンケートを参考に、「見た目はタイプじゃない女性に『運命』を感じた理由」をご紹介します。

  • 【1】近寄ったときに漂う香りに、うっとりするほどの心地よさを感じたから

    「なぜかこの人の香りをずっと嗅いでいたいと思った」(20代男性)というように、視覚以上に「嗅覚」に訴えるものを感じたケースです。香りの好みは人によって分かれますが、日頃から「香りのオシャレ」に気を配って損はないでしょう。
  • 【2】会話をしている間、ずっと目を見て笑顔でいてくれたから

    「アイコンタクトで通じ合うような特別さを感じた」(10代男性)というように、自分をしっかり見つめてくれる女性に、一種のテレパシーを感じる男性もいます。「目は口ほどにものを言う」という通り、笑顔をまっすぐ向ければ、好意を返してもらえる可能性は高いでしょう。