「狙いすぎでしょ…」と男をシラケさせる勘違いモテテク9パターン

  • 【8】太ももタッチや腕を組む「露骨すぎるスキンシップ」

    「美人局かと思う」(20代男性)というように、大胆すぎるタッチは、男性の警戒心をあおるだけのようです。腕をツンツンする、人ごみで手を繋ぐ、熱っぽいおでこに手を当てて体温を診るなど、想定外のタイミングで行われる自然なスキンシップが男性を「ドキッ」とさせるのではないでしょうか。