「狙いすぎでしょ…」と男をシラケさせる勘違いモテテク9パターン

  • 【3】心を込めず連射する「『すごーい!』という相槌」

    「とにかく褒めろってどこかで読んだんでしょ」(10代男性)というように、ワンパターンすぎる相槌が、男性のテンションをダダ下がりさせてしまうことも。「えーホント?」「大変じゃなかった?」などと、ときおり変化球を織り交ぜたいところです。