「ステキ過ぎますっ!」と職場の後輩男性に惚れられる女性9パターン


どうせ年を重ねるなら、煙たがられるお局さまにはなりたくないもの。後輩男性からも慕われるポジションを目指したいところです。そこで今回は、一般男性の声を参考に「『ステキ過ぎますっ!』と職場の後輩男性に惚れられる女性」をご紹介します。

  • 【1】パンツスーツの着こなしが上品にキマッている

    「甘めの服装で男の気を引くのは大抵仕事ができない女」(20代男性)というように、職場の後輩男性は、先輩女性の上品な着こなしを好みつつも、仕事に重きを置いたスタイルに好感を抱くようです。色気よりも知的なイメージを強調したほうが、後輩からの憧れが増すのかもしれません。

  • 【2】言葉遣いが丁寧で、知性がにじみ出ている

    「電話の対応で会社のイメージが変わるのと同じ」(20代男性)というように、女先輩の言葉の裏にある気遣いや知識、育ちの良さなどを感じている男性も。反対に敬語の使い方などを間違えると一気に「デキる女を気取って失敗している先輩」になるので注意が必要でしょう。

  • 【3】後輩の失敗にカリカリせず、「しょうがないなー」と寛容に受け止める

    「一度は叱ることはあっても、お局さんみたいにしつこくグチグチ言わない」(30代男性)というように、失敗を責めず、根に持たない人柄に惹かれる男性も。やはり、後輩に慕われるのは、他人に優しく自分に厳しい女性なのでしょう。

  • 【4】仕事が速く正確で、オフタイムも思いっきり楽しんでいる

    「ダラダラ残業したり、徹夜したりしているのを見たことがない」(20代男性)というように、時間をうまく使いオフタイムでも輝く先輩の生き方に惚れる男性もいるようです。仕事を理由に何かをあきらめる「二者択一」的な考え方は捨てたほうがいいのかもしれません。

  • 【5】「ゆるキャラが好き」など、意外とかわいいものに弱い

    「バリバリ仕事できる先輩が、出世大名家康くんのストラップを持ってて萌えた」(20代男性)というように、先輩の女性が見せた意外な一面にそそられた男性も。たとえば、隠しているオタク要素などは出してしまったほうが、後輩が感じる「親しみやすさ」が増すのかもしれません。

  • 【6】上司に対して物怖じせず、バシッと正論をぶつけることができる

    「みんながビビっている上司にビシビシ意見できるのは先輩だけ」(20代男性)というように、女先輩の歯に衣着せぬもの言いに惚れている男性も。ただし、上司に「反抗的なだけ」と思われてしまわないよう、努めて冷静な態度で、建設的な提案を心がけたいところです。

  • 【7】背筋がピンと伸びており、実年齢よりも若く見える

    「姿勢がいいだけで、その人のエネルギーを感じるし、美人に見える」(30代男性)というように、魅力的な女先輩は、姿勢や歩き方など、立ち居振る舞いが美しいという意見も。デスクワークが中心の人は、背筋を意識するだけでなく正しいストレッチを学ぶのもいいかもしれません。

  • 【8】いつも笑顔で、ため息をついたり、疲れた表情を見せたりしない

    「『この人とずっと一緒にいたい!』って思います!」(20代男性)というように、ハードなときも表情を崩さない、健気な先輩に惚れている男性もいるようです。万一涙を流すことがあっても、我慢に我慢を重ねて出てしまった弱さであれば、後輩の胸にザクッと突き刺さりそうです。

  • 【9】姐御肌で、相談したら親身になってくれる

    「目の前の仕事を後回しで話を聞いてくれる。そりゃあ好きにもなるでしょ」(20代男性)というように、自分の仕事よりも他人の悩みを優先する先輩を心の底から慕う男性も。忙しいときに後輩からの相談にどう対処するのかが、女の度量のみせどころと言えるかもしれません。

人に優しく、自分に厳しく。仕事だけではなく、人生すべてを謳歌しようとしているのが後輩に好かれる女性の特徴と言えそうです。かわいい後輩から慕われたいと思う方は、ぜひ参考にしてみてください。(外山武史)
Photo:All images by iStock