ほかに好きな男がいるのか!?嫉妬深い彼氏に疑われる言動9パターン

彼氏の「ヤキモチ」は、たまにならうれしいとしても、度が過ぎると面倒に感じてしまうもの。特に相手が嫉妬深い性格なら、誤解を招く振る舞いは極力避けたほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性284名に聞いたアンケートを参考に「ほかに好きな男がいるのか!?嫉妬深い彼氏に疑われる言動」をご紹介します。

  • 【1】雑談の中に、彼氏の知らない男性の名前を登場させる

    「『そいつ誰!?』と気になって、話の内容なんかどうでもよくなる」(20代男性)というように、ほかの男性を話題に上げることで、彼氏の嫉妬心を刺激してしまうケースです。「同僚の一人が…」などと個人を特定せずに話して、注意を逸らすといいでしょう。
  • 【2】「この日は即レスできないから」と既読スルーを予告する

    「『まさか俺以外の男と…』とか勘ぐってしまう!」(10代男性)というように、用心のために先手を打って「留守」を知らせても、勝手な疑惑を持たれてしまうようです。応答できない理由やおおよその時間帯まで伝えておくと、狙い通り面倒を回避できそうです。