裏表ありすぎ!「女子の二面性」に幻想が吹き飛んだ瞬間9パターン

  • 【3】「泥だらけのスニーカーにスウェット」など、私服が信じられないくらい薄汚かったとき

    「制服とのギャップが大きすぎて…すごく不潔な私生活をイメージしました」(10代男性)というように、私服があまりにもダメすぎて幻滅されてしまうパターンです。部屋着でコンビニに出かけたりするときは、周囲に注意を払ったほうがいいでしょう。
  • 【4】いつもニコニコしているのに、特定の相手にだけめちゃくちゃ冷たかったとき

    「すごく態度が違うから、裏ではイジメとか仕切ってる気がしてきた」(10代男性)というように、普段にこやかな人ほど塩対応したときのギャップが大きく、男性に衝撃を与えてしまうようです。怖い一面を見せない意味でも、笑顔で話せない相手とは距離を置いたほうがいいかもしれません。