この子、若すぎて無理…とアラフォー男性が怖気づく瞬間9パターン

かなり年が離れていても、大人の風格あふれる「年上の男性」を恋愛対象として見ている女性は多いもの。一方、アラフォー男性にしてみると、自分より若い女性に対して深い溝を感じる瞬間があるようです。そこで今回はインターネットユーザーの独身男性354名に聞いたアンケートを参考に「この子、若すぎて無理…とアラフォー男性が怖気づく瞬間」をご紹介します。

  • 【1】「今日はどんなバイブス?」など、若者言葉を連発されたとき

    「意味わかんないのでスマホでググりながら理解しました」(40代男性)というように、若い人が使う言葉が分からず、かみ合わないパターンです。流行語レベルならまだしも、同年代の間だけで流行っている言葉はまず通じないと思っておいたほうがいいでしょう。
  • 【2】平成生まれのミュージシャンの良さを熱弁されたとき

    「『昔似たものを見た』感覚に陥って、正直もの足りなさを感じてしまう」(40代男性)というように、若手アーティストの魅力を熱く語られてもアラフォー男性はピンとこないことが多いようです。その人たちが影響を受けたミュージシャンの話題なら、話が合うかもしれません。