この喧嘩は危険!別れに直結する彼氏・彼女のケンカの原因9パターン

9 Fights to Avoid That Could End Your Relationship

カップルにとってケンカは一種の試金石。仲直りして信頼が深まることもあれば、残念ながら「別れ」に直結してしまうケースもあります。実際には、どんなケンカが破局につながりやすいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性336名に聞いたアンケートを参考に、「これで揉めたら破局の危機!別れに直結するケンカの原因」をご紹介します。

  • 【1】喧嘩の原因:相手の立場をまるで考えず「一方的に自分の考えを通そうとした」

    「どっちも自分の主張を譲らなければ、最後はケンカ別れになる」(20代女性)など、相手の話に耳を傾けず強硬に持論を主張しあうと、最終的にはケンカになり破局に至るケースが多いようです。「絶対に自分が正しい」と思っている事柄でも、まず相手の意見を聞き入れる柔軟さは必要でしょう。
  • 【2】喧嘩の原因:生活習慣や礼儀作法などにケチを付け「相手の家族を侮辱した」

    「見下すようなことを言われたらキレて当然」(20代女性)など、相手の家族や育った環境をバカにするような発言や見下したような物言いは、深刻なケンカに発展しやすいようです。どれだけ親しい相手や恋人でも見下したような態度は、ケンカになってしまいますのでしっかりと相手に敬意をはらって行動することが大切ですね。