うっ…マズい!彼氏の手料理が失敗作だったときのフォロー9パターン

愛する彼氏が作ってくれた料理なら、何でも美味しくいただきたいところですが、ときには激マズの一品が登場することもあるもの。そんなときこそ、愛のある対応をしてあげれば絆が深まるのではないでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性354名に聞いたアンケートを参考に「うっ…マズい!彼氏の手料理が失敗作だったときのフォロー」をご紹介いたします。

  • 【1】「愛情がこもってて嬉しいよ」と、作ってくれたことを喜ぶ

    「さすが恋人!愛のあるコメントが心にしみる」(10代男性)というように、料理の味ではなく、作ってくれた心意気に感謝を示す方法です。「また作ってね」などとリベンジの機会を与えて、向上心を刺激しておきましょう。
  • 【2】「次は○○を控えめにするといいかも」と、的確なアドバイスをする

    「下手に慰められるより、ためになる気がする」(20代男性)というように、具体的な改善ポイントを示して彼氏を成長させてあげるパターンです。信頼できる料理本や上級者が多いレシピサイトを教えるなど、同じ失敗をしないように対策を練ってあげましょう。