実は彼氏のSOSかも!?遠距離恋愛中の「寂しい」サイン9パターン

遠距離恋愛では、すれ違いが多くなりやすいもの。彼氏が本気で寂しがっているサインは、どんな変化から察知することができるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性382名に聞いたアンケートを参考に「実は彼氏のSOSかも!?遠距離恋愛中の『寂しい』サイン」を紹介します。

  • 【1】LINEや電話が急に多くなる

    「未読スルーさえ当たり前のズボラな人だったのが、休日はほとんどチャット状態に!」(20代女性)というように、マメすぎる連絡から、黄信号を感じ取ったケースです。邪険にしてもいいことはないので、こちらもなるべくこまめに返信しましょう。
  • 【2】「今日は何をしてたの?」と妙にしつこく行動を把握しようとする

    「『誰とランチ行ったの?』とか、根掘り葉掘り…」(10代女性)など、一緒にいられない不安を情報量で埋めようとする様子から、気持ちを嗅ぎ取った人もいます。窮屈でもなるべく細かく報告してあげれば、いずれ落ち着くかもしれません。