この女はないわー…正直、ドン引きした「七夕の願い事」9パターン

七夕で短冊に願い事を書くなら、誰に見られても問題のない文面にしておきたいところ。強欲さや計算高さを匂わせるような内容だと、周囲の男性に「本性はヤバい」とマイナスの印象を与えてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性354名に聞いたアンケートを参考に「この女はないわー…正直、ドン引きした『七夕の願い事』」をご紹介いたします。

  • 【1】「金持ちイケメンに出会えますように」と、高スペック男子を求める

    「『巨乳のセレブ女子と付き合いたい』と書く男と、同レベルの下品さを感じる」(20代男性)というように、露骨すぎる恋愛観を記して好感度を下げるパターンです。「優しい彼氏が欲しい」など、無難な条件でガマンして謙虚な人間性を思わせておきましょう。
  • 【2】「ブランド物のバッグが欲しいです」と、具体的な商品をリクエストする

    「クリスマスじゃないんだから…」(10代男性)というように、織姫と彦星をサンタ扱いするのも呆れられてしまうようです。ブランドバッグに憧れるなら、「高級品が似合う大人の女性になれますように」などと向上心を表現すると、一目置かれるかもしれません。