そんな子だったの?初デートでいきなり冷める非常識行動9パターン

気になる男性と初デートにこぎ着けても、その後連絡が途絶えてしまった…!それはもしかすると、あなたのデート中の行動が原因なのかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性149名に聞いたアンケートを参考に「そんな子だったの?初デートでいきなり冷める非常識行動」をご紹介します。

  • 【1】野外デートで髪の乱ればかり気にする

    「誘って悪かったなと思ってしまうし、なんか冷める」(10代男性)というように、「彼の前ではキレイでいたい」という女心が、デートを楽しんでいないとネガティブ解釈された悲しいケースです。髪が気になるなら帽子をかぶるなど、先にしっかり対策してからデートに臨みたいものです。
  • 【2】一緒にいる間中スマホをいじり続ける

    「俺に興味ないんだな、と凹む」(20代男性)というように、四六時中スマホを触っていると、そんなつもりはなくても相手を不快にさせるおそれがあります。デートに関連した調べものなら、二人で相談して進めるようにすれば、逆に一体感が生まれそうです。