「結婚式を挙げたくない派」の彼氏を意識改革させる方法9パターン

  • 【5】「一生に一度のイベントなんだよ」と、特別感を説く

    「やらないともったいないような気分になりそう」(20代男性)というように、結婚式を「貴重な体験」だと言い募って背中を押すと、彼氏の気を引くことができそうです。「やらないで後悔するのは嫌じゃない?」などと一気に畳み掛けましょう。
  • 【6】「友達も喜ぶと思うよ」と、周囲からの期待に気づかせる

    「自分も仲の良い友達の結婚式に出て嬉しかったのを思い出した」(20代男性)など、参加者の心情に触れることで、結婚式に前向きな気持ちを持たせるパターンです。「飲み会みたいなもんじゃん」と、あえて気軽なノリで説得するのも効くかもしれません。