「結婚式を挙げたくない派」の彼氏を意識改革させる方法9パターン

  • 【3】「両親にとっては『子育て卒業式』なんだよ」と、親孝行を強調する

    「『親を喜ばせるためなら』と納得できるかも」(20代男性)というように、親の顔をちらつかせれば彼氏に目的意識を持たせることができそうです。ただし「式場探しだけは自分たちの意見を優先したい」などと牽制し、彼氏の親に主導権を握られないようにしたいところです。
  • 【4】「ウエディングドレスを着るのが夢だったの」と、感情に訴えかける

    「願望をはっきり言ってくれれば、叶えてあげたくなる」(20代男性)というように、結婚式に憧れる「乙女心」を見せて使命感を与える作戦です。「みんなの前でお姫様抱っこしてよ」などと、妄想トークに巻き込んで彼氏の脳内をピンク色に染めてしまいましょう。