「結婚式を挙げたくない派」の彼氏を意識改革させる方法9パターン

「お金ないし、恥ずかしいし、面倒くさいし」と、自らの結婚式を挙げることに消極的な男性は意外と多いもの。早い段階で説得しておかないと、せっかく婚約したのに誰にも花嫁姿を披露できなくなってしまうかもしれません。そこで今回は、インターネットユーザーの独身男性354名に聞いたアンケートを参考に「『結婚式を挙げたくない派』の彼氏を意識改革させる方法」をご紹介いたします。

  • 【1】「今は、安くできる結婚式もあるんだよ」と、お金の不安を和らげる

    「安月給の俺でも低予算なら現実的に考えられる」(20代男性)など、金銭面のハードルを下げて彼氏を前向きにさせるパターンです。「○人招待すれば私たちの実質負担金は○万円だよ」とご祝儀の存在に気づかせて、プレッシャーを軽くしてあげましょう。