浮気じゃないのに性病発覚!彼氏に告げるベストな方法9パターン

彼氏以外とはエッチしていないのに、いつの間にか性病になっており、「彼が他の女の子とエッチしたんじゃ…?」と疑った経験のある方もいるのではないでしょうか。しかし、下手な聞き方でははぐらかされてしまう可能性も。そこで今回は恋愛経験豊富な20代、30代の女性に聞いた「浮気じゃないのに性病発覚!彼氏に告げるベストな方法9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「○○君のパンツに変なシミが付いてたよ」と揺さぶりをかける

    「本当は私が水で溶いたカレー粉を塗っただけですが(笑)」(20代女性)と、証拠を偽造して男性を動揺させるという方法です。「病院行ったほうがいいよ!今すぐ行こう!」と急かせば、逃げられないと思った彼は本当のことを話し始めるかもしれません。
  • 【2】彼氏が家に来たときわかりやすい場所に婦人科の薬を置いておく

    「自分からは言いづらいので彼に気付いてもらう方向に持っていく」(20代女性)と、男性のほうから「なんで婦人科に行ったの?」と聞いてもらえるように仕向けるパターンです。「何でだと思う?」などとカマをかけてみると、彼はポロッと真実を話すかもしれません。