「適当だなー」とガッカリされるファッションへの褒め言葉9パターン

  • 【7】「個性的!」とシンプルな白シャツに謎の判定を下す

    「『これのどこが?』とツッコミたくなる発言は、聞く気がしません」(20代男性)というように、褒め言葉に説得力がないという「そもそも」のミスもあるようです。無地の服には「シンプルでいいね」、柄物には「個性的だね」など、間違いのない単語をセレクトするのもひとつの手でしょう。
  • 【8】「ヤバーい!」と雑にお茶を濁す

    「勢いで言ってるのがわかるとげんなりします」(10代男性)というように、褒めるときの口調が雑だと、「適当さ」が際立ってしまうようです。丁寧な口調を心がければ、その部分での粗は目立たずに済むのではないでしょうか。