男性を深く傷つける!軽いノリの「キモーい」発言とは9パターン

女子が思っているよりもずっと、男子はプライドが高い生き物です。軽いノリで発した「キモーい」のせいで、予想外に重いダメージを与えてしまったら、さすがに気の毒だと言わざるを得ないでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性170名に聞いたアンケートを参考に「男性を深く傷つける!軽いノリの『キモーい』発言9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「何それ、キモーい」と、アニメやゲームのグッズを条件反射でイジる

    「アニメ好きをイメージだけで判断しないでほしい」(10代男性)というように、オタク文化をよく知りもせず偏見の目で見る女性に、落胆を覚えるパターンです。下手にイジって嫌な雰囲気になるくらいなら、「それ、おもしろいの?」と聞いて仲良くなったほうが楽しいのではないでしょうか。
  • 【2】「一人で笑ってるのキモっ」と、勝手に顔を盗み見て非難する

    「顔を見るなり不意打ちで暴言を吐かれて気分が悪い」(20代男性)というように、たとえ冗談でもいきなり表情をけなすのはマナー違反でしょう。せめて「何かいいことあったの?」などと相手への興味が伝わるような言い方で突っ込んであげたいところです。