「この会社は俺に合っていない」と愚痴る彼氏のなだめ方9パターン

  • 【5】「仕事ぶりを見ててくれてる人がきっといるよ」と温かく元気づける

    「もう少し頑張ってみようという気になれた」(10代男性)というように、やさしい言葉をかけることで、孤立感や閉塞感を和らげてあげるのもアリでしょう。彼氏の良いところを具体的に挙げてみると、説得力が増しそうです。