「この会社は俺に合っていない」と愚痴る彼氏のなだめ方9パターン


仕事がうまくいかない理由を「職場との相性」のせいにしたがる男性は多いもの。彼氏が衝動的に辞表を叩きつけそうな予感がしたら、ひとまず再考を促したいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性148名に聞いたアンケートを参考に「『この会社は俺に合っていない』と愚痴る彼氏のなだめ方」をご紹介します。

  • 【1】「あと半年だけ頑張ってみたら?」と衝動的な行動を思いとどまらせる

    「『半年ならいいかな』と思えた。この期限設定が絶妙だったと思う」(20代男性)というように、具体的に期限を区切ることで、とりあえず考え直すための時間を確保する作戦です。ただ引き延ばすだけでなく、半年間のさりげないフォローも必要となるでしょう。