「すぐ合体」派女子が実は男性を傷つけている前戯中の一言9パターン

世の中には女性でも「前戯はなくてもOK!」という方もいることでしょう。しかし、少数派であるからこそ、男性に気持ちを理解してもらいにくく、「もう入れて」という意味で言った言葉を発端に誤解が生まれてしまうことも。彼とすれ違いを起こさないためにも、今回は恋愛経験豊富な20代、30代の女性に聞いた「『すぐ合体』派女子が実は男性を傷つけている前戯中の一言9パターン」をご紹介します。

  • 【1】下手くそなのかと男性が勘違いしてしまう「もういいよ」

    「端的に言いすぎて真意が伝わらなかった」(20代女性)と、前戯をやめてもいい理由を言わなかったことで男性を誤解させてしまったパターンです。せめて「疲れちゃったよね?ありがとう、もういいよ」などと、感謝を伝えれば無駄に彼を傷つけることを避けられるかもしれません。
  • 【2】どこか愛情希薄に感じさせてしまう「前戯はなしでいいから」

    「『触られるのを拒否するほど恋心が冷めているのか』と思わせてしまったみたい」(20代女性)と、今まで言えなかった本心を男性に伝えたら、傷つけてしまったというパターンです。「仲が深まった今だから言うけど…」などと、「このタイミングで言う理由」をきちんと説明したほうがよさそうです。