「実家暮らし」を武器に男ウケをアップする方法9パターン

いい大人になっても親元で生活を続けていると、恋愛面での不自由さが気になってしまうものです。とはいえ、演出次第では、「実家暮らし」を売りにモテ力を向上できるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性148名に聞いたアンケートを参考に「『実家暮らし』を武器に男ウケをアップする方法」をご紹介いたします。

  • 【1】「20時までに帰らなきゃ」と門限の存在で健全さを示す

    「チャラい匂いがしない女性は信頼できる」(10代男性)というように、自由に遊べない境遇を逆手に取って、清純さをアピールするパターンです。「クラブ?部活のこと?」などと夜遊びトークが通じないキャラを演じてウブなところを印象付けましょう。