【高校生向け】厳しい親に恋愛を見守ってもらうための努力9パターン

せっかく彼氏ができても、親がうるさいせいで台無し…なんて事態は避けたいもの。「恋愛なんてまだ早い」と言う厳しい親を納得させるためには、普段からの心掛けが大切なようです。そこで今回は、10代、20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「厳しい親に恋愛を見守ってもらうための努力9パターン」をご紹介します。

  • 【1】門限は必ず守る

    「逆に言うと、時間さえ守ればOKかも。当時、親に一番うるさく言われたことです」(20代女性)というように、門限厳守はいつの時代も、恋愛を認めてもらいたい高校生にとって「鉄の掟」でしょう。万一遅れそうなときは、メールよりも電話で直接事情説明をしたほうが、誠意が伝わりそうです。