悪気はなくてもNG!失恋男子をウンザリさせる慰め方9パターン

  • 【5】「私の失恋話のほうがヒドいから」と、自分のことをベラベラとしゃべる

    「他人の話を持ち出されても、『関係ねーし!』としか思えない」(10代男性)など、不幸自慢で対抗しようとしても、空回りしてしまいます。「うんうん」「分かるよ」とひたすら相づちを打ち、たっぷりグチを吐かせたほうが気分をラクにしてあげられるでしょう。
  • 【6】「男だったらクヨクヨすんなよー」と、男性論で片付けようとする

    「弱さを理解してくれない友達なんていらない」(10代男性)など、失恋したばかりの相手に「強い男」であることを求めると、信頼を失うかもしれません。「私の前では弱音吐いていいよ」と包容力をアピールしたほうが感謝されるのではないでしょうか。