今思い出しても恥ずかしい!上京したてのダメ恋愛9パターン

地方から上京したばかりの女子は、心細さや都会に出てきた気負いから、普段の自分らしからぬダメな恋愛に身を投じてしまうことがあるもの。とんだ過ちを犯さないためにも、先輩たちの失敗談を聞いておきたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「今思い出しても恥ずかしい!上京したてのダメ恋愛」をご紹介します。

  • 【1】「都会の恋愛」と「軽い誘い」をはき違えて遊ばれた

    「これが都会のノリなのかと思ったけど…」(20代女性)というように、都会のルールに合わせなくてはいけないという強い思いが、よくない形で現れたケースです。場所によって自分を変える必要はないので、意にそまない誘いはきちんとお断りしましょう。
  • 【2】友達のいない寂しさから優しいだけの男に夢中になった

    「よく考えれば、別に好きじゃなかったんだと思う」(20代女性)というように、寂しさゆえに、たまたまそこにいた人への感情を恋だと勘違いしてしまったパターンです。心細い時期は恋に落ちやすいことを肝に銘じて、「好きかも」と感じても、しばらく様子を見たほうがいいかもしれません。