お花見デートで彼氏をメロメロにする小悪魔テク9パターン

  • 【4】「眠くなっちゃった」と、甘えた声で彼氏にもたれかかる

    「ギュッと抱きしめて包んであげたくなる」(20代男性)など、開放的な気分に任せて彼氏に甘えてしまえば、全力で受け止めてもらえるかもしれません。「このまま時間が止まればいいのに」といったクサいコメントも、桜吹雪のなかではロマンティックに響きそうです。