お花見デートで彼氏をメロメロにする小悪魔テク9パターン

  • 【3】「はい、『あーん』して」と、お弁当のおかずを食べさせる

    「恋人がいる幸せを満喫できる」(20代男性)など、ベタなイチャイチャプレイも、お花見ならではの気分の高揚を倍増させるスパイスになるようです。「外で食べるとすごく美味しいね」などと、その場の空気をも噛み締めるようなセリフでお弁当タイムを味わい深いものにしましょう。