お花見デートで彼氏をメロメロにする小悪魔テク9パターン

  • 【5】「小鳥さんも喜んでるよ」と、感受性の高さをアピールする

    「彼女の世界に入り込んだ気分になれる」(10代男性)など、やや不思議ちゃんなセリフですら、幻想的な景色を前にすると、味わい深く受け止めてもらえるようです。「桜ってどうしてピンクなんだと思う?」といった謎めいた問いかけで彼氏を翻弄してしまいましょう。
  • 【6】「記念に押し花にしようかな」と、桜の花びらをポケットに入れる

    「『記念に写真を撮ろう』よりも深みがあって感動する」(20代男性)など、古風な「押し花作戦」で彼氏の気を引くパターンです。夢中でキレイな花びらを探しまわれば、乙女らしいピュアな一面を演出できるでしょう。