「ぶりっこ過ぎだろ」と男性がツッコみたくなる振る舞い9パターン

目が合ったら微笑んだり少し甘えてみたり、女の子らしい女性に男性は弱いもの。とはいえ、極端なアピールには、「ぶりっこ過ぎる…」と男性が呆れてしまう場合がありそうです。そこで、『スゴレン』男性読者に聞いた「『ぶりっこ過ぎだろ』と男性がツッコみたくなる振る舞い」をご紹介します。

  • 【1】自分のことを「私」ではなく、名前で呼ぶ。

    「いい年して自分のことを名前で呼んでるのを見ると、痛々しい」(20代男性)などの意見から、一人称が自分の名前の女性にちょっと引く男性は多いようです。「私」と呼んだほうが、男性も違和感なく接せられるでしょう。
  • 【2】男性としゃべるときだけ、声が異様に高くなる。

    「多少ならわかるけど、完全に作ってる猫なで声には苦笑いしかできない」(10代男性)のように、女性の声の変化に気づき、呆れる男性も多いようです。声を高くするより、話し方を上品にするほうが男性ウケはいいかもしれません。