試着室で彼氏のテンションを下げたコメント9パターン

9 Comments That Discourage Your Boyfriend in a Fitting Room

お店で服を試着したあとは、どんな人も褒め言葉を待っているもの。うっかりネガティブな発言をすると、いくら親しい関係の彼氏であってもしょんぼりさせてしまうようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性149名に聞いたアンケートを参考に「試着室で彼氏のテンションを下げたコメントとは?」をご紹介します。

  • 【1】「全然似合ってないよー」と爆笑する

    「なにも笑わなくてもいいのに…」(20代男性)というように、「彼女に笑われた」ということで、プライドが傷ついてしまう男性は多いようです。明るく笑い飛ばしたつもりでも逆効果なので、笑わず淡々と「別なもののほうがいいかもね」と評価しましょう。
  • 【2】「スーツに『着られてる』みたい」と違和感を語る

    「子ども扱いされたみたいでムカつく」(10代男性)というように、背広が似合わないという発言は、「まだまだ子どもね」と同義に聞こえるようです。「初々しいね」といったポジティブな前置きをしてから、別の服を勧めましょう。