本命チョコを渡したのに…お返しがなかったときの対処9パターン

  • 【9】ホワイトデーのことはいったん忘れ、機会を改めてアピールする

    「『ホワイトデー』なんて習慣があったことを自分の記憶から消し去って、新たなアタックを考えます(笑)」(20代女性)というように、へこたれずに何度も再チャレンジするパターンです。とはいえ、あまりにやりすぎるとストーカーと紙一重になるので注意しましょう。

そもそもホワイトデーまでに反応がなければ、よろしくない結果を想定したほうがよさそうです。まずはその現実を受け止める覚悟をした上で行動に出たほうがよいかもしれません。(熊山 准)


【調査概要】
期間:2014年10月10日から16日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock