LINE苦手だから…と公言する男性の本音9パターン

  • 【6】「LINE中毒」になっている人を見ると不安になるから

    「時間を無駄にしたくない」(10代男性)というように、LINEに夢中になりすぎることを懸念するケースです。あくまでも気軽な連絡手段として使えることを強調し、「ゲームをしない」「グループに参加しない」などのシンプルな使い方を紹介してみましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)