LINE苦手だから…と公言する男性の本音9パターン

気になる相手と親密度を深めるのに便利な「LINE」ですが、男性のなかには「LINE嫌い」を公言している人も少なくありません。彼らの苦手意識の原因は一体どこにあるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性170名に聞いたアンケートを参考に、「LINE苦手だから…と公言する男性の本音とは?」をご紹介します。

  • 【1】常に仲間とつながっている感覚が窮屈そうだから

    「用事があるときだけ連絡を取れれば十分」(20代男性)というように、LINE特有の「連帯感」に拒否反応を覚える人は多いようです。たくさんの仲間とつながるのではなく、「私とだけつながって!」とお願いすれば、二人専用のホットラインが開通するかもしれません。
  • 【2】「既読スルー」されると人間関係が傷つきそうだから

    「色々こじれる原因になりそう」(10代男性)というように、ナイーブな男性のなかには「既読スルー」に強い不安を抱いている人もいます。「私は絶対にすぐ返事するよ」とハッキリ誓うことで、その気になってもらえる可能性もあるでしょう。