「賢いね!」と理系男子に認められるしゃべり方9パターン

理系の男性は一般的に「論理的な会話」や「筋道の通った説明」を好むもの。感性にまかせた女子トークでは、あなたの良さがいまいち伝わらないかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性175名に聞いたアンケートを参考に「『賢いね!』と理系男子に認められるしゃべり方」をご紹介します。

  • 【1】結論を先に話してから説明を始める

    「『何を話そうとしているのか』を最初に述べてほしい。それで興味を持てそうなら、詳細を聞く気になります」(10代男性)というように、まずは結論から話すパターンです。「なぜそうなった?」と途中経過を知りたくなるよう意外性のあるオチをもってくると、ガッチリ気を引けるでしょう。