「仲直りしたいなら」彼氏と喧嘩したときの上手な謝り方9パターン

「雨降って地固まる」ということわざがあるように、彼氏とケンカをしてしまっても、上手に仲直りをすることができれば、むしろ距離が縮まる場合があるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「ケンカはラブ回復のチャンス!彼氏の心をつかむ謝罪の言葉」をご紹介します。

  • 【1】「1日でも早く仲直りしたいから…ごめんなさい」と素直に謝る

    「『ごめん』だけでいい。その一言が聞きたい」(10代男性)というように、多くを語らず頭を下げる素直さが、早期解決につながるようです。相手が怒っているときは、理屈をこね回しても神経を逆なでするだけだと心得ましょう。
  • 【2】「本音を言ってくれて、ありがとう」と向きあってくれたことに感謝する

    「自分が怒ったことに対して感謝までされると、逆に尊敬するかも」(20代男性)というように、「ありがとう」の言葉は、彼氏の頭を冷やすだけでなく、あなたの株を急上昇させるようです。謙虚な姿勢でいることが、二人の関係を長続きさせる秘訣でしょう。