むしろ悪印象!同僚をシラケさせる義理チョコの渡し方9パターン


バレンタインに職場でチョコを配る人も多いはず。もらう側も「本命ではない」とわかっているでしょうが、だからといって「やっつけ」で配ると、喜ばれるどころか、不評を買ってしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性170名に聞いたアンケートを参考に「むしろ悪印象!同僚をシラケさせる義理チョコの渡し方」をご紹介します。

  • 【1】「いつもお世話になっているので」と「義理」を強調する

    「そんなに誤解されたくないのかと若干へこむ」(20代男性)というように、言い添えた感謝の言葉が、むしろ相手をガッカリさせるパターンです。お互い義理チョコだと認識しているなら、いっそ「好きです!」などとふざけながら渡してしまうと、かえって場が和むかもしれません。