アンチバレンタイン男子の密かな本音9パターン

  • 【3】実は辛党で甘いものが大の苦手だから

    「もらっても母と妹にあげるだけなので、なんだか申し訳なくて」(10代男性)というように、食べ物の嗜好が合わず、バレンタインに興味を持てないパターンです。あらかじめ好みがわかっている相手には、お酒に合いそうな渋いつまみなどを選んだほうが良いかもしれません。