実は彼氏を凹ませている!?過去の恋愛の打ち明け話9パターン

9 Confessions about Your Past Loves That Disappoint Your Boyfriend

交際開始間もないカップルは、お互いの過去の恋愛について打ち明け合うこともあるでしょう。しかし、男性はナイーブなので、事実をありのままに話すと傷つけてしまうおそれがあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性500名に聞いたアンケートを参考に「実は彼氏を凹ませている!?過去の恋愛の打ち明け話」をご紹介します。

  • 【1】「ダメンズばっかりだった」と悲惨なエピソードを山ほど披露する

    「正直、どう返せばいいかわかんなかった」(20代男性)というように、愛する彼女がほかの男に傷つけられていた事実は、彼氏を困惑させる原因になるようです。「もしかして俺もいつかは…?」と、変に悩ませる可能性もあるので、事細かに話すのはやめたほうがいいでしょう。
  • 【2】「顔しか興味がない」とフツメンの彼氏に言い放つ

    「じゃあ俺のこと好きじゃないんじゃない?と不安になった」(20代男性)というように、うかつに「イケメン好き」を表明するのも、見た目に自信のない男性にとっては心配の種にしかならないようです。「あなたのこんなところがカッコいいと思う」と言い添えれば、少しは安心させられるのではないでしょうか。