同僚の風邪ひき男子を喜ばせる「お見舞いLINE」9パターン

  • 【3】「何か困ったら言ってね」とサポートを買って出る

    「支えてくれる気持ちがありがたい」(20代男性)というように、体調を崩すと一気にできることが限定されてしまうもの。そのため、特に一人暮らしの男性にとっては、渡りに船の一言になるようです。「いつもお世話になってるし…」と続けると、相手に気を使わせることもないでしょう。
  • 【4】「風邪には生姜がいいよ」と役立つ知識を教える

    「そういうこと全然知らないから助かった」(20代男性)というように、若い男性のなかには病院に行く以外の風邪の治療法を知らない人も多いようです。喉が楽になるドリンクや、熱の下げ方など、正しい情報を教えてあげると感謝されるのではないでしょうか。