「俺のほうこそごめん」と言わせるケンカの上手な謝り方9パターン


どんなに愛し合う二人でも、一緒に過ごす時間が長くなれば、たまの衝突は避けられないもの。だからこそ、ケンカをしたときは一枚上手の行動を取って、円満に収めたいものです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『俺のほうこそごめん』と言わせるケンカの上手な謝り方」をご紹介します。

  • 【1】「ごめんなさい」と静かに目を潤ませる

    「涙目で言われると、こっちが悪いような気がしてくる」(20代男性)というように、カップル間のケンカでは、自分の非を認めて流す「女の涙」ほど、パンチが効くものはないようです。とはいえ、毎回使うと効力が激減するので気を付けましょう。

  • 【2】彼氏の意見を認め、「次からはこうするね」と冷静に対処する

    「感情ではなく、理屈で折り合えると、こっちも納得できます」(20代男性)というように、表向きは相手の主張に同意して、できることから改善策を示すのもよさそうです。感情が噴き出しそうになってもぐっとこらえて、落ち着いて言葉を選ぶ必要があるでしょう。

  • 【3】相手の怒りが収まらない場合は「私が悪かった」と全面的に折れる

    「全面降伏されると、自分のほうも折れるしかない」(20代男性)というように、彼氏が短気な場合は、言い訳をいっさいせずに自分から謝り倒すと、案外うまくいくようです。しおらしいところを見せると、「強く言い過ぎたかな」などと反省してもらえるでしょう。

  • 【4】オムライスを作り、ケチャップで「ゴメン」と書いて差し出す

    「ユーモラスな謝り方をされると、『一枚上手だな』と感心する」(20代男性)というように、空腹時のイライラを、お茶目なお詫びでなだめるケースです。おいしい料理でお腹を満たしたころには、「俺も悪かったよな…」と反省してくれるかもしれません。

  • 【5】ひと呼吸おいてから、「怒った○○も好きだよ」と愛を伝える

    「ケンカしても愛情は変わらないとわかると、前向きに解決したくなる」(20代男性)というように、変わらぬ愛を伝え、相手の心を和らげる方法です。無邪気な笑顔で接すれば、「怒っているのがバカバカしい」と彼氏も笑顔になってくれそうです。

  • 【6】甘いケーキを買ってきて「機嫌直そうよ」と声をかける

    「ずっとヘソを曲げているほど子どもじゃないし」(20代男性)というように、不意に好物をプレゼントして、ケンカの流れを変える作戦です。彼氏のお気に入りのお店にわざわざ買いにいけば、「かわいいやつだな」と思ってもらえるでしょう。

  • 【7】ベッドに潜り込み、「仲直りしたい」と後ろから抱きつく

    「スキンシップを取られると弱いです」(20代男性)というように、言葉だけでなくボディタッチをしながら謝ると、相手からも「ごめん」を引き出せるかもしれません。外出先でのケンカなら、手をにぎったり、ひざに触れながら話すとよいでしょう。

  • 【8】翌日に「反省してるよ」と謝罪LINEを送る

    「ちゃんと考えてくれたんだなって思います」(10代男性)というように、一晩おいてからお詫びの気持ちを明示し、仲直りに持っていくパターンです。LINEだけだと本心が伝わらない可能性もあるので、「あらためてゆっくり話そう」とメッセージを送るとよいでしょう。

  • 【9】頭を冷やしてから、自分の気持ちを丁寧に手紙に書く

    「手紙は自分の読みたいタイミングで読めるので、互いに冷静さを保てる」(20代男性)というように、頭に血が上っているなら、手紙でコミュニケーションを取るのもアリでしょう。相手にペースを合わせることも、ケンカをうまく収束させる鍵なのかもしれません。

いろいろな謝り方がありますが、相手の言い分に耳を傾け、自分の気持ちをうまく伝えることに、仲直りのヒントがありそうです。(山田うみ)
Photo:All images by iStock