「俺のほうこそごめん」と言わせるケンカの上手な謝り方9パターン

どんなに愛し合う二人でも、一緒に過ごす時間が長くなれば、たまの衝突は避けられないもの。だからこそ、ケンカをしたときは一枚上手の行動を取って、円満に収めたいものです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『俺のほうこそごめん』と言わせるケンカの上手な謝り方」をご紹介します。

  • 【1】「ごめんなさい」と静かに目を潤ませる

    「涙目で言われると、こっちが悪いような気がしてくる」(20代男性)というように、カップル間のケンカでは、自分の非を認めて流す「女の涙」ほど、パンチが効くものはないようです。とはいえ、毎回使うと効力が激減するので気を付けましょう。