「いくら寒くてもそれはナシ」とドン引きされる女子の冬コーデ9パターン


寒さ対策は大切ですが、男子ウケを考えるなら、見た目をまったく気にしないわけにはいきません。では、どんなコーディネートだと男子に「それはちょっとないかも…」思われてしまうのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『いくら寒くてもそれはナシ』とドン引きされる女子の冬コーデ」をご紹介します。

  • 【1】短いスカートの下にジャージをはく

    「制服の下にジャージをはかれると、かわいさ半減」(10代男性)というように、クラスメイトだから、ただの男友達だからとあまりに油断した格好をすると、しっかり減点されてしまうようです。やはりジャージは論外なので、厚手のタイツなどで寒さをしのぐようにすると、ファッション性が損なわれることもないでしょう。