「LINEじゃなくて年賀状」が受ける理由9パターン

LINEですぐにやり取りができる今、年賀状を送らない人は多いかもしれませんが、「わざわざハガキで届くと嬉しい!」と歓迎する男性は少なくないようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性500名に聞いたアンケートを参考に「『LINEじゃなくて年賀状』が受ける理由」をご紹介します。

  • 【1】「モノ」として残しておけるから

    「何度も手に取って読み返せるのがいい」(20代男性)というように、記念に残しておけるのは年賀状の最大のメリットのようです。年末は忙しいので、つい形式だけの年賀状になりがちですが、今年は早めに準備して、少し凝ってみてはいかがでしょうか。
  • 【2】手書きの文字に温かみがあるから

    「その人の書いた字が見られるとテンション上がります」(10代男性)というように、仕事でもプライベートでも文字を「書く」機会が減ったため、手書きのものであればそれだけで喜んでもらえるようです。一筆添える程度ではなく、全面的に手書きで、内容重視の年賀状にしてもいいでしょう。