「これは社交辞令じゃない!」と感じさせる連絡先の教え方9パターン

  • 【7】先に相手のLINE IDを聞いて、「まず私から送るから、返信してね」

    「最初の一通のハードルが無くなると、それだけでプレッシャーが減る」(20代男性)など、男性にとって心理的な抵抗が強い「一通目」を先に送ることで、気軽にやり取りを始めてもらう作戦です。自分から連絡を取りたい場合にも使える手かもしれません。