「これは社交辞令じゃない!」と感じさせる連絡先の教え方9パターン

  • 【3】趣味の話などでひとしきり盛り上がったあと「LINEで続きしませんか?」

    「ごく自然な展開だし、話すことも決まってるから躊躇しないで済む」(20代男性)など、共通のテーマで盛り上がった流れで連絡先交換を提案すると、「もっと話をしたい」という意図が伝わるようです。お互いに話題に困ることもないので、一石二鳥でしょう。