「これは社交辞令じゃない!」と感じさせる連絡先の教え方9パターン

意を決して男性と連絡先を交換したのに、結局相手からのLINEはなし…というのはありがちなケース。単なる社交辞令だと思われないためには、どんなふうにアドレスを伝えればいいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性197名に聞いたアンケートを参考に、「『これは社交辞令じゃない!』と感じさせる連絡先の教え方9パターン」をご紹介します。

  • 【1】満面の笑顔を見せながら、積極的に「連絡先交換しよ?」

    「笑顔で提案されると、気軽にLINEしてもいいのかなと思う」(10代男性)など、「表情」に注目している男性は多いようです。多くを語らなくても、にっこりしながら明るくアカウント交換を申し出るだけで、気兼ねなく連絡していいと思ってもらえるでしょう。