クリスマスの予定がないことを意中の彼にアピールする一言9パターン

クリスマスは気になるカレと過ごしたいと思っても、好意丸出しで誘ったり、ヒマにしていることを大っぴらにアピールするのは気が引けるというもの。そこで今回は10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「クリスマスの予定がないことを意中の彼にアピールする一言」をご紹介します。

  • 【1】「あーあ、今年のクリスマスは仕事なんだよね…」と嘆く

    「恋人と過ごしていないことを堂々とアピールできます」(20代女性)というように、仕事に追われそうな見込みを強調しつつ、フリーであることも匂わせる一言です。「終わったら早く帰ろうっと!」と付け加えれば、終業後に予定がないことも伝わるでしょう。
  • 【2】「街中がカップルだらけで嫌だね」と同意を求める

    「『さみしい』と言うのはちょっとアレなので」(20代女性)というように、クリスマスムード一色の世の中をやんわり否定して、男性に察してもらうパターンです。共感してもらえたら、「カップルがいないところに行きたいね」などと切り出してみてはいかがでしょうか。