小悪魔を気取ったはずが「ヤバい女」と誤解される痛い発言9パターン

  • 【7】ぶりっ子オーラを全開にして「ゆうこはねぇ…」

    「学生ならまだしも、社会人なら説教したくなる」(20代男性)というように、「一人称が下の名前」の女性は、あまりに子供じみていると受け取られる危険があるようです。自分の年齢と立場をよく考えて、ぶりっ子はほどほどにしておきましょう。
  • 【8】とりあえず男性の意見を否定して「女の子のこと分かってないなー」

    「『君のことは分からなくていいわ』と返したいです」(10代男性)というように、男性に対するうかつなダメ出しは、ただのワガママだと思われることもあるようです。相手を納得させるには、具体的な理由を順序立てて説明するべきでしょう。