小悪魔を気取ったはずが「ヤバい女」と誤解される痛い発言9パターン

  • 【5】根拠がないうえに下ネタOKの気配を漂わせて「私、あげまんなの」

    「少なくとも恋愛対象からは脱落」(20代男性)というように、彼氏でもない男性に向かって「あげまん」を自称すると、かなりの高確率で真面目な恋愛対象を遠ざけてしまうようです。下半身事情を意識させても、百害あって一利なしと心得ましょう。
  • 【6】言外に「気を遣え」の意味を込めて「私、喉乾いちゃったなー」

    「どこの姫だよと突っ込みたくなります」(20代男性)というように、男性に気遣いを強いる独り言のせいで、傲慢な人間だと見なされてしまうケースです。ある程度親しい間柄でない限り、反感を買うだけだと肝に銘じましょう。