小悪魔を気取ったはずが「ヤバい女」と誤解される痛い発言9パターン

  • 【3】本人を前にして上から目線で「あなたのことは嫌いじゃないよ?」

    「本気でイイ女ぶってるのが寒い」(20代男性)というように、自分がモテキャラであることを前提とした高飛車トークは、男性に敬遠されてしまうことがあるようです。好意を伝えたいなら、「○○さんって素敵ですね」と謙虚に述べたほうがよさそうです。
  • 【4】無理な要求をしながら「今までの男の人はみんなしてくれたよ?」

    「言われたら全力で離脱する」(20代男性)というように、過去の男性を引き合いに出した強引なおねだりは、聞き入れてもらえるどころか逆効果になってしまう場合があるようです。自分が男性に「ほかの女の子はしてくれたよ?」と言われることを想像すれば、どれだけ不快かわかるでしょう。